b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~

「 LINQ 」 一覧

【LINQ】要素が存在するかを判定するにはCount>0でなくAnyを使おう

2018/10/03 | IT, プログラミング

 LINQで要素が一つ以上存在するかを判定するには、 Count() > 0 でやる方法と、 Any() で判定する方法がある。 どちらでも目的を達成することは可能だが、速度面や可読性から、A

続きを見る

【LINQ】配列を結合するConcatメソッド

2018/08/27 | IT, プログラミング

 単純に2つの配列を結合するメソッド

続きを見る

【LINQ】配列をペアで処理していくZipメソッド

2018/08/26 | IT, プログラミング

 2つの配列で先頭からペアを作りながら処理をしていく。 ペアにならなかった要素は処理されない。

続きを見る

【LINQ】LINQの3つの仕組みを詳しく解説

2018/06/02 | IT, プログラミング ,

データに対し統一的なアクセス手段を提供してくれるLINQは便利な機能ではあるが、クセの強い特徴がある。 基本的にはそれらを意識しなくても効率的な形で実行されるのだが、場合によってはそれが裏目

続きを見る

【LINQ】CSVをパースして特定の条件に一致する要素のみ抽出する

2018/05/29 | IT, プログラミング ,

LINQを使うことで、CSVのある項目の値が条件に合致する要素を抽出するような処理を簡単に書くことができる。

続きを見る

【LINQ】データ操作前のインデックスを保持する

2018/05/27 | IT, プログラミング ,

LINQでデータを操作してインデックスを取得すると、操作後のインデックスが取得されてしまう。 例えば、操作前の2番目の要素を取得しても、それを出力する時にそれが何番目だったかはわからない。

続きを見る

【LINQ】インデックスを指定して要素を取得

2018/05/26 | IT, プログラミング ,

LINQを使って、特定のインデックスの要素数を取得することができる。 (例えば、○番目の要素を取得するなど) Where関数の引き数を2つとると、2番目がインデックスになるので、あとはこれ

続きを見る

【LINQ】条件に合致する要素数を取得する

2018/05/25 | IT, プログラミング ,

LINQのCountは引数にラムダ式を取ることができる。 条件式をラムダ式で与えることで、Coutだけで条件に合致する要素数を取得できる。

続きを見る

PAGE TOP ↑