b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~

【JavaScript】関数内で引数の数をチェックするサンプル

 argumentsオブジェクトは関数に渡された引数を全て持つ。 なので、argumentsオブジェクトを使用することで、以下のように引数の数をチェックすることができる。

続きを見る

【JavaScript】関数を引数として渡す-高階関数

 JavaScriptでは、関数を変数のように渡すことができる。 これにより、渡した関数によって動的に処理を切り替えることができる。

続きを見る

【JavaScript】配列を特定の条件でフィルタリングするfilterメソッド

 filterメソッドを使うことで、配列内の条件に合致する要素のみを抽出することができる。 以下の例では、配列内から偶数の要素のみを抽出している。 filter内で使用する匿名関数

続きを見る

【JavaScript】配列に条件に合う要素があるか確認するsomeメソッド

 someメソッドを使うことで、配列内に条件に合致する要素があるかどうかを確認できる。 戻り値のresultにはtrue or falseが代入される。 some内で使用する匿名関

続きを見る

【JavaScript】継承(プロトタイプチェーン)のサンプル

 JavaScriptもプロトタイプチェーンと言う仕組みを使うことで、他のオブジェクト指向言語と同様に継承を実現できる。

続きを見る

【JavaScript】引数が省略された場合にデフォルト値を設定するサンプル

 argumentsオブジェクトを使用することで、引数が省略された場合にデフォルト値を設定することができる。 引数の有無のチェックはundefinedであるかどうかで判定できる。 EC

続きを見る

【JavaScript】名前空間を定義する方法

 JavaScriptには名前空間の概念はなく、オブジェクトの配下にオブジェクトを定義することで、実質的に名前空間を表現する。

続きを見る

【JavaScript】名前付き引数のサンプル

 名前付き引数を利用することで、第二引数だけ指定して第一引数はデフォルト値にするなど、柔軟に引数を指定することができるようになる。 ECMAScript2015より前の書き方

続きを見る

【JavaScript】一つのイベント処理を複数の要素に紐づけるイベントリスナー

 document.addEventListener("DOMContentLoaded",function(){for(var e=document.getElementById("bu

続きを見る

【JavaScript】プルダウンリストの一覧を取得するサンプル

 function btn_click(){for(var t=document.getElementById("list"),e=t.firstElementChild,n="";e;)

続きを見る

PAGE TOP ↑