b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~

「 IT 」 一覧

【C#】Foreach文の内部処理とIEnumerable型

2018/06/01 | IT, プログラミング

foreach文はIEnumerableインターフェースを実装しているオブジェクトにのみ使用できる。 IEnumarableインターフェースを実装するには、GetEnumerator()を定

続きを見る

【C#】短絡演算(ショートカット演算)

2018/05/31 | IT, プログラミング

左式で全体の結果が明白である場合、以降の演算をスキップする機能。 例えば、false && true であれば、左式であるfalseを評価した時点で、全体の結果がfalseに

続きを見る

【C#】排他的論理和

2018/05/30 | IT, プログラミング

^演算子を使用することで排他的論理和を表現することが可能。 排他的論理和とは

続きを見る

【LINQ】CSVをパースして特定の条件に一致する要素のみ抽出する

2018/05/29 | IT, プログラミング ,

LINQを使うことで、CSVのある項目の値が条件に合致する要素を抽出するような処理を簡単に書くことができる。

続きを見る

【C#】null合体演算子

2018/05/28 | IT, プログラミング

nullチェックをする際に、三項演算子を使用することがあるかと思うが、null合体演算子を使用することで、以下のように簡潔に記述することができる。 右辺にとれるのは値のみ。 処理は記述

続きを見る

【LINQ】データ操作前のインデックスを保持する

2018/05/27 | IT, プログラミング ,

LINQでデータを操作してインデックスを取得すると、操作後のインデックスが取得されてしまう。 例えば、操作前の2番目の要素を取得しても、それを出力する時にそれが何番目だったかはわからない。

続きを見る

【LINQ】インデックスを指定して要素を取得

2018/05/26 | IT, プログラミング ,

LINQを使って、特定のインデックスの要素数を取得することができる。 (例えば、○番目の要素を取得するなど) Where関数の引き数を2つとると、2番目がインデックスになるので、あとはこれ

続きを見る

【LINQ】条件に合致する要素数を取得する

2018/05/25 | IT, プログラミング ,

LINQのCountは引数にラムダ式を取ることができる。 条件式をラムダ式で与えることで、Coutだけで条件に合致する要素数を取得できる。

続きを見る

【C#】文字列フォーマットは$リテラルを使おう

2018/05/25 | IT, プログラミング

文字列に変数を埋め込みたい場合、以前はstring.formatを使用していた。 しかし、C#6からは、$リテラルを使って、より簡潔に記述することができるようになった。

続きを見る

【C#】文字列中に「¥」や改行を入れたい時は、逐語的文字列リテラル(@)をつかう。

2018/05/24 | IT, プログラミング

「\」を含む文字列の記述を簡略化 文字列内に「\」を使用する場合、エスケープする必要になる。 そのため、「D:\\apps\\AppFolder\\eample.txt」をstring型に代入

続きを見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑