b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~

「 仕事術・キャリア 」 一覧

待ち時間の多い仕事は人生の無駄遣い。さっさと手を引こう。

5分10分の待ち時間は完全な無駄である 仕事をしていると待ち時間と言うのがどうしても発生する。 例えばAという作業をしていても、その中では処理待ちや返信待ちなどの待ち時間が発生する。

続きを見る

仕事を楽にしたいなら、振り返りの時間を設けよう

作業の再利用性を高めることで仕事は楽になる 仕事をただこなすだけではいつまでたっても楽にはならない。 それでは毎回毎回一から仕事をすることになる。 では、どうすればいいのか。 そのため

続きを見る

作業の効率化。まとめられる作業はまとめる。

切り替えコストを減らす 作業において切り替えコストはオーバーヘッドとなる。 切り替えコストとは、今やっている作業から別の作業に移る時に発生するコストのことである。 切り替え時には、今やってい

続きを見る

マルチタスクをやめ、高い集中力で働く

マルチタスクは生産性が下がる 年次が高くなってくると、どうしても抱える仕事の量が増えていきます。 仕事の量が増えるにしたがって、いろいろなことを同時並行で進めていくことになります。 しか

続きを見る

作業の効率化。作業を細かく分けて取り掛かりやすくする。

作業をするときの最大の障壁となるのが、めんどくさいことです。 人間はとにかく何かに取り掛かる時、めんどくさい。 そのめんどくささを少しでも軽減することが、スムーズに作業に取り掛かり、終わらせるため

続きを見る

若手の心をつかむ方法

若手の心をつかむのは、コストパフォーマンスがいい。 お金をつかったりしなくてもいいし、最初にしっかり投資しておけば、向こう40年間一生懸命働いてくれるからである。 たしかに最初の3年間くらいは出費

続きを見る

時代に取り残されないために仕事は頑張ってはいけない

何か行動を起こすには気力が必要。 例えば何か趣味だったり、自分が好きなことをするにしても、やはりそれをするには気力が必要。 気力と言うと曖昧だが、元気とかスタミナとか言ってもいい。

続きを見る

日々の仕事をコンテンツ化し、収入にレバレッジをかける

今の仕事を遂行する能力を高めても、全体の生産性を高めることはできない。 結局労働量と生産量が比例関係にあるので、生産量を高めたければ労働量を高めるしかない。 つまり、時間級である。 この

続きを見る

3分で分かる「デザイン思考とは何か?」

デザイン思考とは 昨今デザイン思考というワードをよく聞く。 しかし、これは一体なんなのだろうか。 デザイン思考とは、以下のプロセスを繰りかえしサービスを作り上げていく思考法である。 ①ユー

続きを見る

これからの時代の変遷と今我々がすべきこと

これからの時代の変遷について これからの時代は大ざっぱに言って次のような過程を経て変化していくと思われる。 ①技術発達によるイノベーションが起こる ②社会から労働が段階的に消失する ③

続きを見る

PAGE TOP ↑