b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2018/09/24

【JavaScript】「==」と「===」演算子の違い

JavaScript

「==」演算子

データ型を暗黙的に変換して同じかどうかを判定してくれる。
例えば、以下は全てtrueになる。

「===」演算子

一方、「===」演算子の方はデータ型が同じかどうかまで判定してくれる。
例えば、「===」の場合、以下は全てfalseとなる。

基本的には「===」演算子を使用しよう

「==」演算子は、データ型を意識しなくてもJavaScript側でよしなにやってくれるという便利さがある。
しかし、その機能がもとでバグとなる可能性も高い。
曖昧であるがゆえに、意図しない挙動が入り込んでしまう可能性があるため。
なので、特別な理由がない限りは「===」演算子を優先して使う方が良い

カテゴリー: IT, プログラミング
タグ   :


広告

オススメ記事


PAGE TOP ↑