b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2017/12/15

価値のある文章を書く方法

どうせ書くならいい文章、読まれる文章を書きたいもの。
では、どうすればいい文章を書くことができるのか。
今回はそれについて考えていきます。

そもそも人は文章を読まない

いい文章を書きたいと言っているのに、いきなり前提を覆すようですが、人は文章を読みません。
特にその文章を読むのに何もコストを払っていないような場合はなおさらです。
ネットの文章などはさわりや見出しだけ見て、気になるところがなければ読まない、ということがほとんどではないでしょうか。

文章を読むのは面倒ですし、頭を使います。
だからよほど興味がある、有用でないと人は文章を読まないのです。

いい文章とは読まなくてもわかる文章である

人は文章を読みたくはありません。
しかし、それでも文章を検索します。
それは、何か有用な情報を得たいからです。

いい文章というのは、この二つのニーズを満たすことが重要です。
つまり、極力読まずに、有用な情報を得られるということです。
読まなくても内容が頭に入ってくる、それこそが文章の究極系なのです。

一目見て内容がわかる文章を目指す

では、どうすれば読まなくて済むような文章を書くことができるのでしょうか。
そのためには、文章の構造をシンプルにすることが大事です。
では、どうすればいいのでしょうか。

段落構成をわかりやすく

例えば、図やイラストはわかりやすいです。
これは構造をシンプルに表しているからです。

これを文章にも適用するのです。
文章を構造化するには、適切な段落分けが必要です。
段落分けが適切かどうかは、見出しを見ればわかります。
見出しだけを読んで、内容がなんとなくわかれば、それはわかりやすい段落分けと言えます。

一段落には一つの話題のみにする

適切な段落分けに加え、段落そのものをシンプルにすることも重要です。
具体的には一段落に一つの話題のみを書くのです。
一つの段落に複数の話題があると、主題がぶれます。
もし二つの話題を扱うのであれば、それは段落を分けるべきです。

文章を一言で言い表せる

段落がシンプルであることに加え、文章自体がシンプルであることが重要です。
文章がシンプルかどうかは、その文章の内容を一言で言い表せるかどうかで決まります。
もし一言で言い表せないのであれば、その文章はテーマがぶれている可能性があります。
そうなると途端に文章は伝わりづらいものとなってしまうのです。

もっと言うならば、タイトルを読むだけで内容が理解できるのが一番シンプルです。
なぜなら内容を読むまでもなく情報を得ることができるからです。
無駄に文章量を増やしても、内容が無ければ意味がありません。
文章は圧縮すればするほど、その価値が高まります。

広告

カテゴリー: 文章術
タグ   :

オススメ記事


PAGE TOP ↑