b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2017/02/23

人生の停滞感を打破する方法

人生で停滞感を感じる時というのはあるかと思います。
何をしても人生が前に進んでいかない。
そして、この先もずっとこのままなのではないのか。

変わっていかない現実を見て、だんだんと気分が沈んでいく。
何をしても変わらない。
そうして、だんだんと何をしていいかわからなくなり、言いようのない不安に駆られます。

このような人生の停滞感に対して、私たちはどう立ち向かっていけばいいのでしょうか

停滞感を打破

停滞感は成長しない自分に対する不安から生まれる

停滞感とはそもそも何から生まれるのでしょうか。
これは、結局自分の成長が感じられないことが原因ではないでしょうか。

昨日の自分と今日の自分を比べて、何も変わっていない。
その次の日も、その次の日も。
そうして、一年後の自分も今と何も変わっていないのではないか。
年だけ取って、やっていることは何も変わらない。
そんな不安が原因です。

では、停滞感を打ち破るには何をすればいいのか。
そのためには、何よりも成長することが大事です。
言い方を変えれば、昨日の自分よりももっといい自分になることが必要です。

それを続けていけば、今の自分は常に歴代で最高の自分になります。
常に成長し続けているといえます。
そのような実感が持てれば、自分とともに未来もどんどん良いものになっていく。
そんな確信を得られるのではないでしょうか。

やったことのないことをする

停滞感を打ち破るには、とにかく成長すること、昨日の自分に打ち勝つことが大事です。
では、そうなるためには具体的にどうすればいいのでしょうか。

そのために大事なのが、新しいことに挑戦し続けることです。
新しいことをすれば、いままでにない経験やスキルを積むことができます。
今までできなかったこと、やったことがなかったことが、できるようになるのです。

これはまさに成長です。
やったことがなくてもとにかくやってみる。
そうすることで、昨日の自分よりもより良い自分になることができます。

大切なのは動き続けること

しかし、新しいことをするといっても、何をしていいのかわからない。
そう思う方も多いかと思います。

ですが、これは本当に何でもいいのです。
意味がないとか、下らないとか。
そういう風に思うことでもいいのです。
とにかくやってみるということが何よりも大事です。

思いがけず担当になった興味のない仕事。
しかし、それを自分なりに考えてこなすことで、今まで見えなかったものが見えるようになる。
そんな経験は皆さんにもあるはずです。

そうやって思い返してみれば、別にやることは何でもいいのです。
些細ことでもやってみれば何かしら発見や気づきはあるものです。

大事なことは、とにかく動き続けることです。
何かしらアクションを起こし続けていれば、結果はついてきます。
逆に何もしなければ何も変わりません。
その停滞感はいつまでたっても私たちのそばを離れていきません。

とにかく思い立ったら何でもやってみましょう。
それでうまくいかなくても別にいいのです。
一番よくないのは、何もしないことなのですから。

広告

カテゴリー: 生き方
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑