b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/10/01

読み手を揺さぶる文章を書くために。文章に思いを込める。

思い

物足りない文章には、「思い」が足りない

文章を書いているけれど、
「いまいち伝わらない」
「整ってはいるけど、何かが足りない」
そう感じることは、多いかと思います。

何かが足りないという感覚。
それは、その文章に思いがないことが原因かもしれません。

読んでいて違和感は特にない。
しかし、そこに読み手の感情を揺さぶるような思いが無い。
その文章に感化されて、行動を起こそうという気が起きない。
だから、読み終えた後に何ひとつ残らない
そんな物足りなさを感じるのです。

思いを込めれば、意味のある文章になる

もし、自分の文章に思いを込めることができたらどうでしょうか。
その文章に込められた思いは、読み手の感情を強く揺さぶります
込められた思いの強さによって、その激しさは比例していきます。
そして、揺さぶられた感情は行動を生み出します。

あなたの書いた文章によって、読み手の考え方が変わり、行動が変わる。
読み手の人生をよりよいものにしていく事ができるのです。
あなたが文章を書けば書くほど、読んだ人はよりよく生きていく事ができるのです。

しかし、これが思いの無い文章だったらどうでしょうか。
あなたがいくら書いても、それが人々の心に響くことはありません。
その文章が、世界に影響を与えることはないのです。

何かに影響を与えられない文章は存在しないのと同じです。
そんな文章を書き続けるのは、虚しいことです。
どうせ書くならば、意味のあるものを書きたい。
これが万人に共通する思い出はないでしょうか。

思いは、圧倒的な思考の量と密度によって創られる

心を揺さぶる、意味のある文章を書くためには、思いが必要です。
ですから、いい文章を書こうと思ったら、まずは思いを育むことが第一です。
では、一体どのようにしたら思いを育てることができるのでしょうか。

そのためには、とにかく突き詰めて考える必要があります。
関心事、
趣味、
悩み事、
解決したい問題
何でもいいのです。
とにかく、それらについて考えること、それも徹底的に考え抜くことが必要です。

「そのものごとは、どうあるべきなのか?」、
「絶対に曲げてはいけないものは何か?」、
「なぜ、そう思うのか?」、
「本当にそうなのか?」、
こういった疑問について考えることで、思いが育まれていきます。
圧倒的な思考の量と密度。
それによってのみ、人の心を動かすような熱い思いは創り上げられるのです。

誰しも考えが尽きないものというのはあるはずです。
楽しいことであれ、辛いことであれ、気がつけばそのことを考えている。

思いを育むためには、それについて徹底的に考え抜いてみることが大事です。
そういう中で、自分なりの軸や哲学が生まれてきます。
そして、それがやがて人を動かすような思いに成長していくのです。

心を揺さぶる語り方―人間国宝に話術を学ぶ (生活人新書)

広告

カテゴリー: 文章術
タグ   :

曲をつくりました!




オススメ記事


PAGE TOP ↑