b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/09/30

良い文章とは?心を動かし、行動をうながす文章の書き方。

良い文章

良い文章とは、行動を促す文章である

良い文章とは、何でしょうか?
きれいな、整った文章でしょうか。
格式の高い文章でしょうか?
わかりやすい、論理的な文章でしょうか?

違います。
良い文章とは、読み手に行動を促す文章です。
そもそも、文章とは何のために書かれるのでしょうか?
それは、読み手に行動を促すためです。

本は何のために書かれるのか。
それは、情報を伝え、それをもとに各人が行動をしてもらうためです。
ただ情報が伝わるだけでは、意味がありません。

たとえば、安売りの情報を伝える文章があるとしましょう。
その文章の目的は、読み手に買い物をさせることです。
安売りの情報を伝えて、「へー」と思ってもらうだけでは意味がないのです。

このように、いい文章とは読み手に行動を促すものなのです。
自分の書いた文章によって、心を打たれる人がいる。
そして、それがきっかけで行動を起こす。
それによって、その人の人生がいい方向に向かっていく。
これは素晴らしいことです。
どうせ文章を書くのであれば、そのような文章を書きたいものです。

では、どうすれば読み手に行動を促すことができるのでしょうか?

今よりもいい未来をイメージさせる

そのために必要なのは、読み手の感情を動かすことです。
私たちが行動を起こす時、どんなことを考えるでしょうか。
「やってみよう!」という感情が生まれているはずです。
その感情があるから、私たちは行動を起こすのです。

では、どうすればそのような感情を起こすことができるか。
そのためには、その行動をすることで得られる、素晴らしい未来をイメージさせないといけません
「この方法を実践すれば、スリムな体系が手に入る」
「この教科書を使えば、短時間の勉強で試験に合格することもできる」
そのような、望ましい未来をイメージさせることが大事です。

そして、そのイメージは常に読み手の頭の中にあります
どんなに自分が素晴らしいと思っていることでも、それが相手に響くとは限りません。
スリムな体系になってモテたいと考えている人に対して、健康が手に入ることをいくら訴えても無駄です。
少しも心には響かないでしょう。
ですから、読み手のことを考えないといけないのです。

読み手は何を求めているのか。
何を考えているのか。
どんな未来を望んでいるのか。
そういったことを想像する必要があります。
自分がただ書きたいことを書いても意味がないのです。

人の心を打ち、行動を促す文章を書くには、相手のことを考えながら書くことが何よりも大事です。
相手の望む未来をイメージさせる文章。
それによって、心を動かし、行動を起こさせる。
それこそが、いい文章です。

読み手は何を考え、何を望んでいるのか。
まずは、それを考えることが最初にあるのです。
その上で、それをイメージさせるには、どんな構成で、どんな言葉で語ればいいのか。
そういったテクニックが必要になってくるのです。

まずは、読み手のことを考えること。
それこそが心に響く文章を書くための近道です。

今回のまとめ

・いい文章とは、読み手に行動を起こさせる文章。
・よりよい未来が実現することをイメージさせることが必要。
・読み手が何を望んでいるのかを考えて書くことが大事。

人を操る禁断の文章術

広告

カテゴリー: 文章術
タグ   :

オススメ記事


PAGE TOP ↑