b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/09/02

努力を続けるコツ。結果でなく、過程に注目する。

努力

努力を続けるコツは、結果ではなく、過程に注目すること

努力を継続するために必要なのは、結果ではなく、過程を目標にすることです。
そうすることで、続けやすくなるのです。
なぜなら、結果に注目すると気が遠くなってしまうからです。

たとえば、英語を話せるようになるという結果を考えるのではなく、毎日10分勉強するという過程を考えるのです。
こうすれば、気が遠くなることはなくなります。
ただ今すぐに10分勉強すればいいだけですから。

結果だと気が遠くなるし、その瞬間にどうすることもできないです。
しかし、そのために必要な行動を起こすということであれば、今すぐに実行可能です。
具体的なアクションに落とし込めるので、気が遠くなることもなくなるのです。

アクションをさらに細分化することで、努力は続く

それでもめんどくさければ、机に座ることを目標にすればいいのです。
机に座ることができたら、今度は勉強道具を出すこと。
そうしたら、参考書を開くことを目標にすればいいです。
行動を分解していけば、簡単に実行できるものになります。
そうすれば、どんどんめんどくささは軽減していくのです。

そうして、今すぐできる行動を積み重ねていくことで、望む結果が手に入るのです。
最初から結果を求めると辛いですが、過程を積み重ねることを目標にすれば辛くないです。
そして、気がつけば勝手に目標を達成しているということになるのです。

結果を意識しすぎると、やる気が削がれる

また、結果を意識しすぎると、本当にそれを達成できるのかと不安になってしまいます
それによって、だんだんとやる気がなくなってくるという悪循環も起こります。
そういう意味でも結果を気にしてはいけないのです。

結果というのは、コントロール不可能なものです。
たとえ、どれだけ頑張ったとしても、それで必ず結果が出るわけではないからです。
結果が出るのは、自分が思っていたよりずっと先かもしれない。
どうなるかは誰にもわからないのです。
それにも関わらず、それをモチベーションにしてしまうと安定しません

だから、モチベ―ションを安定させる、努力を継続させるためにも、結果にフォーカスしてはいけないのです。
過程に注目し、今できることに集中することがたいせつです。

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)

広告

カテゴリー: 努力
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑