b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/08/18

なぜ勉強することが必要なのか?勉強をする意味について。

勉強

私たちは、学び続けなければいけません。
それは子どもであろうが、大人であろうが。
働いていようが、働いていまいが同じことです。

では、なぜ勉強をする必要があるのでしょうか

より遠くへいくため

勉強というのは、先人の知恵を知ることです。
前の世代の人たちが試行錯誤して、成功したことの集大成、つまりこの世で生きるための正解を学ぶことです。
正解を知っていれば、同じ過ちを繰り返すこともなくなります。
同じ過ちを繰り返さなければ、それだけ無駄な時間を減らすことができます。

アメリカでは「Wheel(車輪)の再開発」という言葉がある。
Wheelの存在を知らずに乗り物をつくろうとしたら、別のものを再開発して、結局「これが一番うまく転がるぞ」とWheelを見つけて…と、ムダな時間がかかる。
でもWheelを知ってさえすれば、車も自転車もすぐにつくれるんだ。

無駄な時間が減れば、その時間をもっと意味のあることに使えます
まだわかっていない答えを探すのに当てることもできるのです。

つまり、勉強をするというのは、限られた時間の中でより遠くへ行くために必要なことなのです。

自分を知るため

勉強をすることによって、自分の世界が広がります。
世界史を勉強すれば、世界がどうなっているのかを知ることができます。
数学を勉強すれば、複雑な問題を処理する方法をたくさん学べます。

これは、学校の勉強に限った話だけではありません。
趣味であっても同じことです。
音楽には音楽の世界があり、スポーツにはスポーツの世界がある。
そうして色々なことを学んでいく中で、自分が興味のあるものに出会えます

そういった好きなものに出会うためにも、勉強をすることは必要です。
知っている範囲を広げれば広げるほど、好きなものに出会える可能性も高まるのです。

自分がやりたいことを見つけるのは、人生の中でも最も重要なことの一つです。
なぜなら自分の人生は、やりたいことを中心に回っていくべきだからです。
ですから、勉強し、世界を知り、自分のことを知ることは非常に重要なことなのです。

そのように考えると、勉強と読書というのは通ずる部分も多いですね。
そもそも、読書も勉強の一種と言えるでしょう。

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)

広告

カテゴリー: 自分を知る
タグ   :

曲をつくりました!




オススメ記事


PAGE TOP ↑