b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/08/12

インプットの質を高める方法。アウトプットすることで頭が整理される!

「勉強した内容を定着させたい。」
「読書はするけど、内容が全然頭に残っていない…」
このようなインプットの質を高めたいというのは、多くの人に共通する悩みではないでしょうか。
インプットの質が高まれば、アウトプットの質も向上し、成果を上げることができますからね。

では、インプットの質を高めるにはどうしたらいいのか。
そのために重要なのが、ひたすらアウトプットしまくるということです。

インプット、アウトプット

インプットの質を高めるには、その内容を定着させる必要があります。
そのために重要なのが、自分の頭の中を整理するということです。
整理されないと、
・すぐ忘れてしまう
・実践で使えない
・人に説明できない
など、様々な問題が発生します。
せっかく頑張ってインプットをしたのに、これでは悲しいですよね。

頭の中を整理するのに有効なのが、アウトプットすることです。
一番手軽なのは、学んだ内容を自分の言葉で書いてみることですね。
これをすることで、頭の中でなんとなく理解していたことが、言語化されます。
言語化することで、整理が一気に進むのです。

頭の中が整理されるというのは、学んだことのインデックスが作成されるということです。
学んだ内容が、どの分野のどのあたりの知識で、いつ役に立つのか。
そういった分類が頭の中にされるのです。
そうすれば、何か新しいものを学んだ時に関連付けがしやすくなります。
関連付けをすることで記憶は定着しやすく、次のインプットの質も向上するのです。

つまり、
①インプットの質を高めるには、頭の中を整理する必要がある
②頭の中を整理するには、アウトプットをすることが大事
③アウトプットすることで、学んだ内容の分類が行われ、頭の中が整理される
④頭の中が整理されれば、次のインプットも定着しやすくなる
とうことです。

「アウトプットを出すために、インプットの質を高めたいのに、そのためにアウトプットをしまくる…?」
というような堂々巡りのような理論になってしまいますが、結局のところ、インプットとアウトプットは表裏一体なのです。
切っても切り離せません。
ですから、どちらか一方を鍛えるのは不可能で、両方をひたすら繰り返すしかないのですね。
インプットを鍛える、アウトプットを鍛えるではなくて、インとアウトを繰り返し、総合的に鍛えていくのが一番効率がいいのです。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

広告

カテゴリー: 思考法

曲をつくりました!




オススメ記事


PAGE TOP ↑