b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/12/31

全ての仕事はやり直しになる。バッファを意識して進めていこう!

仕事というのは必ずやり直しになります。
やり直しの無い仕事というのは、完璧な仕事、ミスのない仕事ということです。
しかし、そんなものは存在しません。
どれだけ気をつけて、念入りにチェックをしても、やはりどこかにミスはあるものです。
仕事をしていれば、必ずそのような経験はあるでしょう。

初速を高める

このことから言えるのは、そのミスを織り込み済みで仕事をするべきということです。
そのミスをカバーするバッファを常に意識する必要があるのです。

では、バッファを持つためにはどうしたらいいでしょうか。
それは、納期の前に仕事を終わらせることです。
納期に間に合わせるように仕事をしていては、直前で不備が見つかった時、カバーできませんよね。
ですから、スケジュールを前倒しで仕事を進めていく事が必要になるのです。

これは、考えてみれば当たり前のことなのですが、実際に実践するとなると難しいものです。
他にこまごまとした仕事があって、後回しになってしまう。
締め切り前に頑張れば、終わるだろという楽観的思考。
様々なものが、その実践を拒んでしまうのです。

やはり一番厄介なのが、最後に頑張ればなんとかなるという、ラストスパート志向でしょう。
これは、個人レベルというより、社会レベルで根付いているような気がします。
終盤になって、不備が見つかり、プロジェクトが炎上するなどはよくある話でしょう。

ですから、ラストスパート志向から脱却するのは難しいです。
しかし、それに流されていては、いつまでたってもクオリティの高い仕事はできません。
できることから意識していって、バッファを作れるように仕事を進めていきましょう。
そのためにも、仕事の初速を高めましょう
クオリティを求めるなら、終盤頑張るのではなく、最初に頑張るべきなのです。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

広告

カテゴリー: 仕事術・キャリア
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑