b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/08/08

仕事がデキることだけが人間の価値ではない。いろいろな価値観を認めよう。

f503e044b21e39f31d4a864826738769_s

犯行の動機は、生産性の低い人間は不要だという考えに基づいたものだそうです。
しかし、その考え方を突き詰めていけば、最終的には本当に自分も不要ということになります。
単純に下の人間を順々に消していったら、いつかは自分の番がくるわけです。

それに、生産性という一面的な価値観だけで人間の価値測るのも考え物です。
ある面だけで比べたら、その人の方が劣っているけれど、別の面で見たら優れている。
そんなことはよくあることです。
一面的なものの見方しかできない、それ以外の価値観を認めない、知ろうとしないのは問題です。

これには、仕事のできる人間=偉いという社会の風潮も原因ではあります。
しかし、近年はその傾向にも変化がみられているので、おそらく改善していくでしょう。
生き方の多様性が認められて始めていますね。
もっと住みやすい世の中になってほしいものです。

広告

カテゴリー: 生き方
タグ   :

あなたはなぜ生きるのか?


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。



オススメ記事


PAGE TOP ↑