b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/08/04

みんなの無駄な時間を有効活用できれば、社会はもっと良くなるのではないか?

働いていて常々思うことがあります。
それは、無駄な時間が多いということです。
仕事の進め方や、会議、非効率なコミュニケーションなど、あげて行けばきりがありません。
それに最も無駄なのが、通勤時間です。
1日1時間の距離を往復しているのです。
1年間で約480時間を消費しているのです。
日に換算すれば20日です。
1年の内の5%以上は、何の生産性もない時間に費やしているわけです。
これが、片道2時間とかなると思うとゾッしますね。

時間、有効活用

ここで挙げただけでも、働くのは無駄な時間が多すぎます。
もし、それらの無駄な時間を有効に使えたら、社会はもっと良くなるのではないでしょうか。

このようなことを言うと、
「それも含めて仕事だ」とか「それでも給料をもらえるだけありがたいと思え」などという反論が来そうです。
ですが、そういった一般論で思考停止をしていては、世の中は一向に良くはなりません。
おかしいものをおかしいと主張できなければ、世の中はどんどんおかしな方向に進んでいってしまうのです。

正直、この問題は個人が努力したからと言って、どうこうなる問題ではないです。
しかし、だからと言ってそのことから目をそらすのは間違っているでしょう。
解決はできなくても、問題であると認識し続けることが重要なのです。
その意識すら失ってしまえば、世の中はどんどん停滞していきますから。

今回はたまたま労働における無駄の多さに関してですが、このこと以外にもいえることだと思います。
自分の日々の生活の中でいろいろなことに考えを巡らせ、一つでも多くのおかしいをみつけること
そのように意識することが、社会をよくしていくための一歩なのではないかと思うのです。

広告

カテゴリー: 社会問題
タグ   :

曲をつくりました!




オススメ記事


PAGE TOP ↑