b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/07/26

「準備を万全にしてから」なんて考えていたら、死ぬまでスタートできない

何か新しいことをはじめる時、私たちは準備をしようとします。
別にそれ自体は悪いことではないです。
事前に準備をするのは、大きな失敗を防ぐために必要な行為です。

準備

問題は、準備に深入りしすぎてしまうことです。
準備は、所詮準備です。
やる前からわかることなんてたかが知れています。
その状態で、あれも必要、これも必要などとやっていては、キリがありません。
しかも、それだけ念入りに準備しても全く使わないということだってあり得ます。
おまけに、本当に必要だったのは、全然準備していなかったものだった、なんてことだってあり得ます。

完璧な準備などできないのです。
それにも関わらず、不安だから私たちは準備に時間をかけます。
準備をすればするほど、あれも必要、これも必要となり、いつまでたっても終わりません。
いつまでたっても、実際に行動を起こすことができないのです。

準備とはいったい何のためにしているのでしょうか。
それは、その後の行動の成果を高めるためです。
しかし、不必要な準備は、成果を高めてはくれませんし、開始の時期をどんどん遅らせます
全くいいことが無いのです。

準備はいくらしたって、し足りないし、そもそもそれが普通なのです。
そういう風に認識を変えて、準備に力を入れるのではなく、さっさと行動に起こすことを意識しましょう。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

広告

カテゴリー: 行動力を高める
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑