b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/12/31

納期は仕事の完了期限ではなく、提出期限。早め早めに終わらせて、余裕を持たせよう。

仕事は納期を目指して終わらせるのではなく、早めに終わらせた方が良いです。
なぜなら、その方がスケジュールに余裕ができるからです。
スケジュールに余裕があると、もし急に思わぬアクシデントが起きても、リカバーができます。

仕事、納期

もし、納期直前でアクシデントが起きたら、どうでしょうか。
恐らく間に合わないでしょう。
仮に間に合ったとしても、余裕のない状態で問題の対応にあたるので、ミスが見逃される可能性もあります。
このように、スケジュールギリギリで仕事を終えた場合、急なアクシデントに対応できないのです。
アクシデントは、起こるかどうかわからないですが、可能性がある以上、常にそれに備える必要があります。

そのためにも、仕事は余裕を持って終わらせる必要があるのです。
そのためには、納期でよりも前に仕事を完了させる必要があるのです。
納期とは、仕事の結果を提出する期限であって、仕事を完了させる期限ではないのです。
そのように意識を変えることで、余裕を持った業務の遂行ができるのです。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

広告

カテゴリー: 仕事術・キャリア
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑