b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/07/24

昨日の自分を越え続ければ、確実に成長していく。

向上心を持つことは重要なことです。
しかし、あまりにも高い目標を掲げてしまうと、挫折の危険性も高まります。
「ほんとうにあんなところまで行けるのだろうか」
「自分には無理なんじゃないか」
そんな弱気に心を支配されてしまいます。

昨日の自分

高い目標を掲げることはいいことなのですが、それだけを見ていると疲れてしまいます。
それに、そこを目指したからといって、すぐにそこに到達できるわけではありません。
では、途中で諦めてしまわないためには、どうすればいいのでしょうか。

その時に重要になるのが、昨日の自分と比較するという方法です。
昨日の自分というのは、ある意味最も越えやすい壁です。
なぜなら、昨日やったことが今日できないわけがないからです。
昨日の自分を越えることに対して、絶望を感じる人はいないでしょう。
もし、昨日よりいい成果を上げることができれば、確実に成長していることになります
そして、それを常に続けていけば、必ず目標に到達することができるでしょう。

昨日の自分を越えることを目標にするのは、
・一番現実性がある
・確実に成長できる
という二つのメリットがあるのです。

身近に良い目標がない。
目指すべきところが高すぎる。
そんな人は、まず昨日の自分を越えてみることから始めてみましょう。
そうすれば、自然と高みに行けるのです。

自分を成長させる極意―――ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選

広告

カテゴリー: 努力
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑