b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/07/24

ネガティブ思考は悪ではない!マイナス思考を飼いならして使いこなせるようにしよう。

ネガティブ思考は、行動を阻みます。
考えすぎることによって、行動を起こすことができなくなるのです。
「失敗したらどうしよう」
「笑われたらどうしよう」
このような不安に駆られ、思うように行動できなくなります。

ネガティブ思考

これだけで考えれば、ネガティブ思考は、不要なもののように思えます。
しかし、ネガティブ思考であっても、使い方次第では役に立つものとなります。

たとえば、心配になるがゆえに確認を怠らなくなります。
既に確認したものに対して、不安だからもう一回確認する。
本当に確認できているか不安だから、もっと漏れのないような確認方法を考える。
そうすることによって、完全性の高い作業が保証されるのです。

また、ネガティブ思考は計画の穴にも気づきやすいです。
失敗することを前提に考えているから、何が原因で失敗するかが見えやすいのですね。
ですから、それを一つ一つ潰していけば、成功の確率は上がるわけです。

とはいっても、やはりネガティブ思考は、やはり行動のスピードを遅らせます。
いつまでも確認していたらものごとは前に進みません。
いつまでも計画の穴を考えていたら、何も前進しません。

大事なのは、自分がネガティブ思考であると自覚することです。
そして、ネガティブ思考の長所と短所をしっかり理解することです。
そうすれば、作業の確実性とスピード間をちょうどいいバランスでとっていけるようになります。

ネガティブ思考がいい、悪いではなく、その長所と短所をしっかり理解して、使いこなすことが重要でしょう。
ネガティブ思考を飼いならして、それに振り回されるのではなく、上手く使えるようになりましょう。

幸せになるマイナス思考

広告

カテゴリー: 思考法

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑