b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:

思考停止を防ぐ方法。形式でなく意味を考える。

思考の停止は、停滞を招きます。
考えることをやめてしまえば、成長が止まってしまいます。

思考停止

人は、ものごとを形式でとらえた時に思考停止に陥ります
つまり、目の前にあるものを考えずに受け入れてしまうことです。
「ルールだから仕方がない」
「規則だから、何があっても守らなければならない」
目の前のものの意味を考えないのです。

どんなルールや規則であっても、本来は意味があったはずです。
意味があるからルールや規則になったはずなのです。
それが長く続くうちに、意味は忘れ去られ、形式だけが残るのです。

しかし、だからと言ってものごとの意味を考えずに受け入れてはいけないのです。
それを続けてしまえば、ルールの本来の役割が果たせなくなるからです。
当時は意味をなしていたけれども、環境の変化で今は意味をなしていないルールもあるでしょう。
それは、既に意味をなしていません。
現状にそぐわないルールに従って行動することほど無駄なことはありません。
しかし、それはルールの意味を理解していてはじめて判断できることです。
だから意味を考える、常に「なぜ」を問い続ける必要があるのです。

そして、これはルールに限った話ではありません。
勉強でも仕事でも、何にでも同じことが言えるのです。
公式だって意味を理解しなければ、問題の中で適切に使うことはできないでしょう。
仕事であっても、目的や意味を理解しなければ適切なアウトプットは出せません。
何であっても意味を考えることは必要不可欠なのです。

意味を考えることで、ものごとの本質が見えてきます。
何に気をつけるべきなのかが見えてくるのです。
そして、それが習慣化されれば思考停止に陥ることもなくなるのです。
ですから、常に自らに「なぜ」を問いかけ続ける必要があるのです。

広告

カテゴリー: 思考法
タグ   :

曲をつくりました!




オススメ記事


PAGE TOP ↑