b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/07/22

緊張を抑える方法。失敗してどうなるのかを真剣に考えよう。

慣れないことをするとき、どうしても緊張してしまいます。
そして緊張はミスを産み出します。
ですから、緊張はできるだけ抑えたいものです。

緊張

しかし、抑えようと思ってもなかなか抑えられないのが、緊張です。
抑えようとすればするほど、逆に緊張は高まってしまうなんてこともあります。
それでは一体どうすればいいのでしょうか。

そのために重要なのが、緊張の原因を知ることです。
緊張の原因は、恐怖です。
例えば、人前で話すのが緊張するのは、失敗することを恐れているからです。
ですから、自分が何を恐れているのかを考えましょう。

そして、大事なのが本当にそれが恐れるに足るものなのかということです。
つまり、その恐れが現実になったとき、どれだけの被害があるのかを考えるのです。
仮に人前で失敗したとして、どうなるでしょうか。
一時の気まずさはあるかもしれませんが、逆に言えばそれだけです。
またやり直せばいいだけです。
人はそこまで気にはしません。

このように考えれば、自分がいかにとるに足らないことを恐れていたかがわかります。
つまり、緊張の原因が大したものでないと気付くことができるのです。

本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く 人前で話すのが劇的にラクになる7つの技法

広告

カテゴリー: 強い自己をつくる
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑