b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

興味ある本を読めば、内容は勝手に身につく。

読書は大事だが、ただ読むだけでは意味がない。
その情報が頭に入らなければ意味がない。
そうでなければ、時間の無駄であり、自己満足に過ぎない。
本を読むことは目的ではなく、人生を向上させるための手段なのだから。

本、興味

では、どうすれば情報が頭に残るのだろうか?
色々方法はあるが、一番大事なのは、興味のある本を読むこと。

興味のある本であれば、自然と内容が頭に入ってくる。
たとえば、自分が今会話に悩んでいるとする。
その時に会話術の本を読めば、自然と内容も入ってくるだろう。
読書をする時の集中力も違ってくる。
それに、読んだ内容を忘れないようにメモしたり、実践してみたりするだろう。
つまり、自分が今関心があることについての本を読めば、勝手に内容は身につくし、そのための工夫も勝手にする。
別に、「内容を覚えるためにノートを取らなきゃ…」などと考える必要はない。

だから、本は欲しいと思った時に買う。
そして、買ったらすぐ読むことが大事。
鉄は熱いうつにたたいた方がいい。
そうすれば、すんなりと内容が頭に入ってくる。
本の代金と読書に費やした時間が無駄にならない。

一方、本の買いだめはよくない。
後で読もうと思っても、絶対に読まない。
仮に読んだとしても、興味が弱まっているので、内容があまり頭に入ってこない。
お金も時間ももったいない。
だから、本は一冊ずつ買うべき。

読書は、その内容が身につかなければ意味がない。
そのためには、興味のある本を興味のあるうちに読むことが何より大事。

広告

カテゴリー: 読書
タグ   :

1年で117冊本を読む方法!

「時間が無くて読書ができない…」
あなたはそんな悩みを抱えていないでしょうか?
実は、時間が無くても読書はできるのです。
その方法を以下の記事にまとめてありますので、ぜひお役立てください!


1年間で117冊読む方法 時間が無くても読書はできる!1年間で117冊読む方法。

オススメ記事


PAGE TOP ↑