b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

上ばかり見ていると足元を掬われる。目の前の一歩に集中しよう!

目標を立てることは重要なことです。
それがないと、何を基準に行動すればいいのかがわからなくなるからです。

目の前の一歩

しかし、大きすぎる目標は扱うのが難しいです。
あまりにも大きすぎる目標は、私たちを途方に暮れさせます。
大きすぎるがゆえに、どうすればそこまでたどり着くかがわからないのです。
何から手をつけていいのかがわからなくなるのです。

ですが、大きな目標を立てることは悪いことではありません。
問題なのは、考え方です。
大きな目標を目の前にして途方に暮れてしまうのは、一気にそこを目指そうと考えてしまうからです。
いうなれば、今自分はふもとにいるのに、いきなり山頂を目指そうとしているようなものです。
そんなことは、できるわけがありません。
だから、「自分には無理なんじゃないか」などと考えてしまうのです。
ほんとうは、考え方が間違っているだけであるにもかかわらず。

上を見ることも大事ですが、それだけだと足元を掬われてしまいます。
上に行くためには、目の前の一歩に集中することも同じくらいに大事なのです。
そうして一歩一歩重ねていって、はじめて頂上にいく事ができます。

最終目標を決めることは大事なことです。
それによって自分が進むべき方向が定まるからです。
しかし、それと同じくらいに目の前の一歩も大事なものです。
どちらか一方に偏ることなく、邁進していくことが重要です。

一冊の手帳で夢は必ずかなう – なりたい自分になるシンプルな方法

広告

カテゴリー: 目標達成
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑