b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

大事なのは、今何をするか。考える隙を与えないことで、行動力を高める。

人生には、夢だったり不安だったりといろいろあります。
しかし、結局人生で一番大事なのは、今何をするかということではないでしょうか。
今何もしていないのに、将来を夢見たり、不安に憂いたりしても意味はありません。
それは、妄想に過ぎません。
先のことを考える前に、目の前の一瞬をしっかりと生きていく事が大事なのです。

では、そのためにどうすればいいでしょうか。
それは、考えないことです。
考えると、不安など不要な思考が出てきます。
それによって、行動が妨げられてしまうのです。

考える隙

あらかじめやるべきことを決めておく

考えないためには、あらかじめやるべきことを決めておけばいいです。
つまり、一日のスケジュールを考えてしまうのです。
それをしないと、
「何かしないとな…。今日は仕事が大変だったし、考えるのもめんどくさいから何もしなくてもいいか…。」となりますが、
やることが決まっていれば、そうなる可能性は低くなります。
行動するためには、このように考える隙を与えないことが大事です。

考える時間と行動する時間をわける

考える隙を与えないためには、あえて考えるだけの時間を取ることも有効です。
考える時間と行動する時間をわけるのです。
考える時間は考えることだけに集中し、行動するときは行動のみに集中する。
そうすれば、何も考えないで行動するということにはならないし、行動する際にうだうだ考えることもなくなります。
考えすぎて行動を起こせないということも防ぐことができます。
だから、あらかじめ考えるための時間を確保しておくといいです。

=====================================

人生で一番大事なのは今この瞬間に行動することです。
行動を促すには、自分に考える隙を与えないことが大事です。
そのために、
・スケジュールを決めて、考える隙を与えない
・考える時間と行動する時間をきっちり分ける
ことが有効なのです。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

広告

カテゴリー: 行動力を高める
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑