b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

その理想は誰のもの?理想を諦めることで、道が開ける。

人には、それそれ目指すべき理想があります。
それを目指すのは素晴らしいことです。
それは、とてつもないパワーを私たちに与えてくれます。

しかし、一方で高すぎる理想は、私たちを苦しめます。
どんなに頑張ってもできないことはあります。
ブタがどんなに頑張っても空を飛べないように、できないことは存在します。
しかし、そのできないことを無視して、理想を追いかけると大変なことになります。

理想を諦める

できないことをやろうとしても、それは無駄に終わります。
結果は現れず、ただただエネルギーと時間だけを無駄にします。
それでもなお自分の理想を実現しようとすれば、やがて人生に疲れてしまうでしょう。

では、どうすればいいか。
それは無理なものは無理だと諦めることです。
それと同時に、今の自分を受け入れることが大事です。
どういう事でしょうか?

たとえば、ひょうきんで面白い人間が、二枚目の人間になろうとしても苦しいだけです。
わざわざ自分の持ち味を殺して、なれっこない理想を目指しているのですから。
しかし、その人が自分の面白さを自覚して、その能力を発揮したらどうでしょうか?
無理に二枚目を目指していた時よりも、ずっと幸せなはずです。

できないことはできないと認めることで、自分の本当の持ち味が見えてきます。
理想を諦めることで、活路を見いだせるのです。

しかし、これは口で言うのは簡単ですが、実行に移すのはなかなか難しいことです。
とくに、「こうあるべき」という思い込みの強い人は大変でしょう。
小さいころから刷り込まれてきた、こうあるべきという思い込みは非常に強いです。
まるで、そこから外れたら生きてけないかのように、私たちを脅します。
しかし、その不安と恐怖に立ち向かい、本当の自分を見つける必要があるのです。

たしかに、今まで信じていた道から外れることは恐ろしいことです。
その道から外れたら、まるで人生の終わりかのように感じられるでしょう。
しかし、その道から外れないように生きることは、もっと辛いことなのです。
なれない自分を演じ続けながら生きていくのは、想像以上に辛いことです。
ですから、ある時点で思い切って飛び降りる必要があるのです。
そして、それは早ければ早いほどいいです。

なんとなくしんどいという人は、もしかしたら間違った理想を追い求めているのかもしれません。
一度立ち止まって、
「自分は本当にそうなりたいのか?」
「それは世間や親から刷り込まれたことではないか?」
ということを考えてみてはどうでしょうか。

不安のしずめ方―人生に疲れきる前に読む心理学 (PHP文庫)

広告

カテゴリー: 生き方
タグ   :

あなたはなぜ生きるのか?


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。



オススメ記事


PAGE TOP ↑