b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

読書で学んだことはすぐには役に立たない。それでも読み続けることが重要。

読書をしていると、「この知識は生きているうちに使うことがあるのだろうか?」というような情報に出会います。
そもそも、そういうジャンルの本を読むこともあります。
そういったことを考え始めると、読書そのものに意味があるのかが疑問になってきます。
読んでもそれが使える知識でないならば、それはただの自己満足なのではないかと思ってしまいます。

読書

しかし、読書に限った話ではないですが、学んだことというのはすぐには役に立ちません。
人生で起こる問題というのは、千差万別です。
それに対応する解決策もさまざまです。
そんな中で、たまたま1つの知識を得たところで、それがすぐに役に立つということはないのです。

たとえば、受験勉強を思い出してください。
公式を1つ覚えたからと言って、それがすぐに役に立つでしょうか。
本番の試験では、その問題は出ないかもしれません。
もしくは、その知識だけでなく他の知識も組み合わせないと解けない問題が出るかもしれません。
その公式を知っているだけで、テストを解けるわけではないのです。
読書もそれと同じことが言えます。

勉強でも読書でも、大事なのは学び続けることです。
知っていることが増えれば増えるほど、いろいろな問題に対処できます。
知識を得るというのは、その可能性を少しでも上げるための手段です。
ちょっとやったからといって、すぐに成果が出るようなものではありません。
やり続けることで、はじめて成果が出始めるのです。
これは、通常の努力と同じですね。

だから、すぐに役に立つかどうかだけで判断してはいけないのです。
とにかく色々なジャンルをまんべんなく読むことが大事です。
いつその知識に助けられるかわかりません。

情報が増えれば増えるほど、人生を有利に生きていく事が可能です。
つまり、情報を得ることは、自衛の手段でもあるのです。
読書を情報を増やすための手段だととらえれば、今までとは違った取り組み方ができるかもしれません。

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

広告

カテゴリー: 読書
タグ   :

1年で117冊本を読む方法!

「時間が無くて読書ができない…」
あなたはそんな悩みを抱えていないでしょうか?
実は、時間が無くても読書はできるのです。
その方法を以下の記事にまとめてありますので、ぜひお役立てください!


1年間で117冊読む方法 時間が無くても読書はできる!1年間で117冊読む方法。

オススメ記事


PAGE TOP ↑