b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

伝わる文章を書きたいなら、自分が昔書いた文章を読み直そう!

伝わる文章を書くのに一番手っ取り早い方法は、「自分が昔に書いた文章を見直す」ことです。

もし、昔自分が書いた文章を読んで、意味が完全に理解できるのであれば、あなたの文章力は本物です。
しかし、実際はそう上手くはいかないでしょう。
1年も前の文章を読み返したら、何を言いたいのかよくわからないはずです。

文章

書いたときは意味が分かっていたのに、しばらく経つとわからなくなる。
これは、情報の欠落が原因です。
書いた直後は、自分の頭の中に情報が残っています。
つまり「こういうことを書きたい」という情報です。
その情報があるから、文章を書いた直後は、文の意味が理解できます。

しかし、しばらく経つと、その情報は消えてしまいます。
その情報がなくなると、途端に文章の意味が取れなくなるのです。

これは、その文章に必要な情報が足りていないことが原因です。
しばらく経ってから文章を読む場合、情報はその文章にしか存在しません。
その文章からしか情報を受け取ることができないのです。
ですから、その文章の中に必要な情報がそろっていなければ、文意を理解できないのです。

ですから、昔の文章を見て、「意味がわからない!」と思ったら、何が足りていないのかを考えましょう。
そして、足りないものがわかったら、次からはその情報を盛り込むように意識します。
こういったことを繰り返していけば、情報の欠落がだんだんと少なくなっていくのです。

伝わる文章というのは、必要な情報がそろっている文章とも言えます。
ターゲットによって、必要な情報は異なりますが、情報は漏れなく盛り込むことが基本方針となります。
情報が少ないと意味が分かりませんが、多いぶんには理解の妨げにはなりません。
読み手のことを考えた文章を書けるように心がけたいものです。

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

カテゴリー: 文章術
タグ   :

努力が続かないとお悩みの方へ!

努力のコツ PC用バナー

Amazonにて発売中!!

試験に受かる、給料を上げる、ビジネスを立ち上げる…。
自分の人生をよりよくしていくには、何よりも努力が欠かせません。
しかし、そうはわかっていてもなかなか続かないもの。。。
「めんどくさい」、「明日からでいいや」、「どうせやっても無駄だし」…
こんな風に私たちは努力を続けられずにいます。

ですが、それはあなたが怠けものだからとか、根性がないからというわけではありません。
どうすれば努力が続くのか、その「テクニック」を知らないだけなのです!
本書では、そんな「どうすれば努力が続くのか」というテクニックや心構えを集めました。
「達成したい夢があるのに、どうしても頑張れない…」
そんなあなたに是非とも読んでほしい1冊となっています。


広告

オススメ記事


PAGE TOP ↑