b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

初心者だからといって負い目を感じる必要はない。

何かを始めるとき、人は誰でも初心者です。
いまはものすごい結果を出している人でも、最初は初心者だったのです。
何をしてもうまくいかない時期があったのです。

ですから、自分が初心者であることを負い目に感じる必要はないのです。
誰だって最初は初心者なわけですから。

初心者

それに、負い目を感じていると、それは雰囲気や行動に現れてしまいます。
そのような人間はやはり、なめられます。
相手から「この相手は敬意を表する必要のない人間だ」と思われてしまうのです。
そうなると有意義な人間関係は築けません。

また、そのような卑屈な気持ちは行動にも現れてきます。
日比の努力にも悪影響を与えます。
不要な不安に苛まれ、努力することに集中できなくなります。

ですから、自分が初心者であることを負い目に感じる必要はないのです。
それによって様々な損失を被ることになります。

確かに駆け出しの頃は経験が浅いでしょう。
キャリアだけでみれば、周りよりは劣って見えるでしょう。
しかし、そのことによってあなたの価値が損なわれるわけではありません。

もちろん初心者ということで、周りから不当な扱いを受けることもあるでしょう。
しかし、それに屈してはいけません。
その程度で自分の価値を疑ってはいけないのです。

自分の価値を疑わないこと。
オドオドしないで、自信を持つこと。
これらの心がけが、最終的に成功へと結び付くのです。

自分のうけいれ方(愛蔵版)

広告

カテゴリー: 思考法
タグ   :

曲をつくりました!




オススメ記事


PAGE TOP ↑