b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

挑戦しないから未練が残る

「何かをしたい」
「何かが欲しい」
人は、こう思った時に挑戦しないと未練が残ります。

「あのとき挑戦したら、手に入ったかもしれない」
このような後悔をずっと抱えて生きていく事になります。

しかし、一方で挑戦したことを後悔するという考え方もあります。
「どうせ失敗するなら、最初からやらなければよかった」
というように。

挑戦、未練

挑戦しても、挑戦しなくても未練や後悔は残る。
では、一体どうするのが正解なのでしょうか?
それを考えるために、それぞれの未練や後悔を抱えた時、どのように生きることになるかを少し考えてみましょう。

挑戦しなかった場合

挑戦しなかった場合を考えてみましょう。
この時抱える後悔は、「もしかしたら手に入ったかもしれない」という思いです。
この思いは、なにか別の手段でそれを手に入れるまで、どこまでも付きまとってくるでしょう。
挑戦しなかったところで、そのものに対する思いが消えるわけではないからです。
挑戦しなければ、いつまでもそれに対する未練が残るのです。

挑戦した場合

では、挑戦して失敗した時はどうでしょうか。
挑戦したことを思い出すたびに、嫌な気持ちになるかもしれません。

ですが、挑戦することによって、自分の限界を知ることができます。
かつて臨んだものは自分には分不相応なものだったことを理解できます。
このことを理解できれば、そのものごとへの未練は生まれないでしょう。

もし、断ち切れなかったとしても、前の方法では手に入らないことが理解できます。
次に挑戦する時は、もっと効果的な方法で臨むことができるのです。
どちらにしても、現実を見据えた生き方ができるといえるでしょう。

====================================

挑戦しなければ、いつまでも未練を断ち切れず、ウジウジと悩み続ける。
挑戦すれば、自分の身のほどをわきまえられる。
そうであれば、迷わず挑戦するのがいいのではないでしょうか。

自分のうけいれ方(愛蔵版)

広告

カテゴリー: 行動力を高める
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑