b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

何かをする前に勉強するのではなく、やりたいことをしながら学んでいく事が重要

私たちは、何か新しいことをする時、その分野の勉強をしてから挑もうとします。
準備をするのはいいことです。
しかし、やる前から何の準備が必要かなんてことはわかりません。
いざやってみたら、あれが足りない、これが足りないとなるはずです。

つまり、やる前に勉強しようとしても、それですべてを補うことは不可能なのです。
何が必要かなんてやってみなければわからないからです。
それにも関わらず、準備を完璧にしようとすれば、いつまでたってもスタートを切れません。

やりたいことをしながら学んでいく

事前に完璧な準備をすることが不可能であるなら、勉強はそこそこに走り出してしまうのがいいです。
走りながら、その都度必要なことを学んでいくのです。
実際に取り組む中で学んだことの方が身になるし、必要に迫られれば学習スピードも質も格段に上がります。
ですから、いろいろ悩んでいつまでも準備をするよりは、さっさと走り出してしまった方がいいというわけです。

また、準備を完璧にしたいというのは、失敗したくないという考えが裏にあります。
失敗したくないから、あらゆる事態を想定して完璧な準備をしようとするのです。
もちろん、そんなことは不可能です。
それに、失敗することは別に悪いことではありません。
むしろ、新しく始めることが何の失敗もせずに上手くいくはずがありません。
失敗するのは当たり前のことなのです。

あれこれ考えて動かないのではなく、まず動くこと。
そうすれば、次にすべきことが見えてくる。

どうしてもやりたいこと、やらなければいけないことに取り組みながら、必要な情報を取り入れ、知識を身につけていく方がはるかに効率は高い。
やってみてわからないことは人に尋ねたり頼んだりすればよいだけの話だ。

考えてもわからないことはたくさんあります。
それを、うんうん悩んでいるよりは、さっさと行動してしまった方がいいという事です。

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

広告

カテゴリー: 行動力を高める
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑