b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

成功するかどうかをわけるのは、「やるか、やらないか」。ただそれだけ。

成功する人とそうでない人。
彼らをわけるのは、一体何でしょうか?
才能でしょうか。
センスでしょうか。
知識や経験でしょうか。

実は、このどれでもありません。
成功をわける要因は、ただひとつ。
「やるか、やらないか」です。

やるかやらないか

才能のない人間がどれだけ頑張っても意味がない。
そう考える人もいるでしょう。
ですが、才能とは一体何でしょうか?
それは、生まれたときに持っていなかったら二度とてに入らないものなのでしょうか?
そんなことはないはずです。
才能というのも、結局は積み重ねた知識や経験によって作られるもの。
つまり、努力して、そのことに時間を費やせば、才能は身に付くのです。
才能がもともと備わっているものだと思っているから、いつまでたっても才能が開花しないのです。

やれば才能は開花する。
やらなければ、一生開花しない。
これは、そのまま成功することにも言えます。
やらなければ成功できないのです。

最初は無謀な挑戦に思えるかもしれません。
しかし、努力して打ち込み続ければ、能力は向上していきます。
そうすれば、当初は不可能に思えたことも、大した苦もなく越えていくことができます。
磨かれた能力は成功をつかみとる可能性を高めてくれるのです。

このことから言えるのは、「やれば必ず成功できる」ということなのです。
もっと言えば、行動を起こした時点で成功は決まったようなものです。

行動することなしに成功することはできません。
自ら動こうとせず、ただ悩んでいるだけでは、なにも得ることはできないのです。
悩んでいる暇があったら、一刻も早く行動に移すべきです。
そのために、どうしたら行動を起こせるかを必死に考えていきましょう。

KISSジーン・シモンズのミー・インク

広告

タグ   : ,

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑