b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

自分を苦しめる「~すべき」という考え方

引き続き、「自分のための人生」を紹介していきます。
今回は、「~すべき」という考え方のデメリットを考えていきます。

「~すべき」という考え方

「~すべき」という考え方が自分を苦しめる

私たちは、知らず知らずのうちに「~すべき」という考え方に取りつかれています
「自分の好きなことばかりしていてはいけない。」
「人間は苦労をしなければならない。」
といったように。

そして、これらの刷り込みは無意識的に私たちの行動を制限します。
無意識的に楽ばかりしてはいけないと思うから、わざわざつらい選択をとるのです。
無意識的に好きなことばかりしてはいけないと思うから、自分の好きなことを思い切り楽しめないのです。
つまり私たちは、「~すべき」という考えによって、知らず知らずに自分を苦しめているのです。

「~すべき」という考え方は誰のもの?

なぜ私たちは「~すべき」という考え方はどこから生まれるのでしょうか?。
実は、「~すべき」という考え方のほとんどは、自分で考えたものではなく、他人から刷り込まれたものです。
「勉強をしなければならない。」
「言われたことをきちんと守らないといけない。」
他人からに言われた、こういった言葉が私たちの心の奥深くで「~すべき」というルールを作ってしまっているのです。

そして、これらの「~すべき」という考え方は、私たちの行動を制限し、苦しめます
自分の思うように行動することに対してブレーキをかけてしまうのです。
つまり、「~すべき」という考え方を持つということは、自分の行動を他人に制限されていることと同じなのです。

「~すべき」は柔軟性を奪う

「~すべき」という考えには、当然自ら考え抜いて作り出したものもあるかもしれません。
しかし、そうであっても「~すべき」という考え方は、あまり持つべきではありません
なぜなら、「~すべき」という考え方は、行動の柔軟性を欠いてしまうからです。

人間というのは、日々変化するものです。
ある時は「A」という価値観が大事だったけれど、今は「B」という価値観が大事といったように。
しかし、「~すべき」という考え方を持ってしまうと、本当は「B」が大事にも関わらず「A」を追い求め続けるようになってしまいます。
こうなってしまうのは、人間が一貫性を大事にする生き物だからです。
ある時点で「A」が絶対大事だと決めてしまうと、もっと大事なものが「B」になったとしてもそれを認めることができないのです。
「~すべき」という考え方に固執することで、本当に自分が大事にしたいことから遠ざかって行ってしまうのです。

人間は考え方が変わるものです。
「~すべき」という考え方にとらわれるのをやめ、その時々に合った柔軟な行動を心がけたいものです。

今回のまとめ

「~すべき」という考えのデメリット
・「~すべき」にとらわれると、自分のやりたいことができなくなる。
・「~すべき」の正体は他人からの言いつけ。これにとらわれるのは、他人に支配されているのと同じ。
・「~すべき」は行動の柔軟性を奪う。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

自分のための人生 三笠書房 電子書籍

広告

カテゴリー: 強い自己をつくる
タグ   :

人生について真剣に考えてみましょう


「生きる」を考える

「なぜ自分は生きているのか?」
そのように思うことはないでしょうか。

ただ生まれてきて、生まれてきたからなんとなく生きている。
そのような生き方をしていると、生きていることに意味を感じません。
そして、それは「なぜ生きているのか」という、言いようのない不安感に変わります。

こうした不安感を払拭するためには、「なぜ生きるのか」ということに対し、真剣に向き合う必要があります。
自分は何を望んでいるのか。
何を大切にしていきたいのか。
社会や他人からいいように思われたいだけなのではないか。

こうした様々なことに思いを巡らせることで、はじめて自分の人生に確信を持てます。
「自分はこう生きればいいのだ」という確信です。
本書が、そのきっかけとなれば幸いです。

オススメ記事


PAGE TOP ↑