b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

楽しい会話の鉄則!シチュエーション別会話のコツ

こんにちは。
引き続き、「「おもしろい人」の会話の公式」をみていきます。
今回は、シチュエーション別の会話のコツを紹介していきます。

会話のシチュエーション

あまり親しくない人と2人で話すとき

このシチュエーションで絶対にやってはいけないのが、頑張って面白いことを言おうとすることです。
二人しかいない状況であれば、相手は気を使って必ず笑ってくれますが、これは無理をしている笑いです。面白くて笑っているわけではありません。
なので、これを続けていけば、相手は疲れてしまいます。

このシチュエーションでは聞きに徹しましょう
人は自分の話を聞いてもらっているときが一番楽しいです。
前回の記事で紹介した上手な質問を上手く使って、話を引き出しましょう。

親しい友人と2人で話すとき

このシチュエーションで困ることはあまりないと思います。
ただ、一緒にいる期間が長いとだんだん話すことがなくなってきます
そんな時は、マイブームについて話すのがお勧めです。
マイブームの話は、正直どうでもいい話です。
しかし、最近の自分の状況や考え方がわかったりもするので、会話の内容としては悪くないです。
そのような他愛のない会話ができるのは、親しい友人の間ならではです。

上司との会話

上司は、自分の話にツッコんでくれる部下を好みます。
ただし、ツッコめばいいというものではありません。
ツッコみつつもある程度の節度を守る必要があります。
失礼になってはいけないのです。

そのためには、相手を立てながらツッコむのがいいです。
相手を立てるツッコミの原則は「共感+でも+肯定」です。
例えば、以下のような感じです。

上司:最近、仕事の方がめっきりで…。
部下:そうなんですか。でもゴルフのスコアは順調に伸びてますよね。

このように、
・まず相手の話に共感する。
・「でも、」で話題を変える。
・別のいい点に目を向け、上司を立てる。
ことで、相手を立てながらツッコミを入れることができるのです。

部下との会話

部下との会話で絶対にやってはいけないのが、説教と自慢話です。
普通に考えて、そんな話を聞いても面白くないのはわかりますよね。
そんなことを話すくらいなら、自分の失敗談を話して部下を勇気づけてあげましょう。
先輩でもそんな失敗をしたことあるんだと知ることで、気持ちが楽になるでしょう。

そして、仕事の話が終わったらプライベートのことも話題にしましょう。
プライベートの話を聞くのは、相手を部下としてではなく、一人の人間として見ているということでもあります。
プライベートのことを聞いてあげることで、関心を持っていることを伝えてあげましょう。

また、部下というのは基本的に遠慮しているものです。
そのため、なかなか思ったことを言えません。
なので、発言しやすい雰囲気づくりや、こちらから思っていることを聞いてあげるなどの配慮をすることも重要です。

合コン、デート

合コンやデートでやってしまいがちな間違いが、必死に面白いことを言おうとすることです。
先ほども書きまが、これによって生まれるのは無理した笑いです。
笑ってくれますが、気を使っているので相手は疲れてしまいます。

それよりも、空いてるグラスに飲み物を注いだり、話していない人に話を振ってあげるとかの気配りが重要です。
一緒にいたいと思うような人は面白いことを話す人よりも、そういった細やかな気遣いができる人ではないでしょうか。
自分が目立とうとするのではなく、周りを心地よくできるようなふるまいを心がけましょう。

今回のまとめ

シチュエーション別会話方法
・親しくない人との会話では、聞きに徹する。
・親しい友人とは、マイブームの話をする。
・上司との会話では、相手を立てながらツッコミを入れる。
・部下との会話では、自分の失敗談を話す。
・合コン、デートでは周りが心地よくできるようふるまう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!

広告


曲をつくりました!




オススメ記事


PAGE TOP ↑