b00k.jp ~積み上げ式読書ノート~
公開日:
最終更新日:2016/06/19

あなたの人生は「ハミガキ」と同レベルはないですか?

引き続き、「金持ち父さん 貧乏父さん」から。

金持ち父さん貧乏父さん

本書に「恐怖を原動力に動いてはけない。恐怖は情熱を伴わないからだ。」という旨の記載があります。
今回はそれについて考えてみます!

あなたが会社員なら、何のために働いていますか?
あるいは、学生であれば、何のために学んでいますか?
「生活ができなくなるから…」
「将来いい会社に入れなくなるかもしれないから…」
もしその理由が、このような恐怖からくるものであれば、その時間は非常にもったいないです。

恐怖からくる原動力は一定の強制力を持ちますが、情熱がありません
情熱のない原動力は大きな力を発揮することができません。
また、やりがいを感じることもできません。
そんな時間が有意義なわけないですよね?

わかりやすい例として、ハミガキがあります。
「三度の飯よりハミガキが好き!」
「寝ても覚めてもハミガキのことしか考えられない!」
そんな人はいないと思います。(もしかしたら、いるかもしれませんが…)
たいていの人はめんどくさいし、できればしたくないと考えているかと思います。

では、なぜ我々は楽しくもないハミガキをするのでしょうか?
それは、虫歯になりたくないからです。
これも一種の恐怖からくる原動力です。
「やりたくないけど、やるしかない」
だからめんどくさいし、やる気もしないのです。

もし、あなたの今の生活の原動力が恐怖だとしたら、あなたの人生はハミガキと同レベルということになります。
これから死ぬまで毎日毎日ハミガキをし続けるなんて、考えただけでゾッとしませんか?

ですから、日々の生活にポジティブな目的を見出す必要があるのです。
目的は情熱となり、大きな力を発揮します
仕事を「やりたくないけど仕方なくやる」ではなく「マイホームを買いたい!」、「絶対に独立してやる!」などの目的をもって取り組むことが重要です。
歯を磨き続けるだけでは、何も達成することはできませんよ!

感想・まとめ

本書ではもちろんハミガキの例なんか出ていません。
本書では、
「たいていの人はお金のことになると、恐怖で動いてしまう。だから、少ない給料やひどい労働環境に不満を抱えながらも、収入を失う恐怖からそこにしがみつき続ける。」
というようなことが書いてあります。
お金持ちになりたかったら、お金に対して恐怖の気持ちで接してはいけないのですね。
さもないとずっと低い給料で生活していかないといけないことになってしまいますからね!

次回も引き続き、「金持ち父さん 貧乏父さん」を紹介していきます。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

金持ち父さん貧乏父さん

広告

オススメ記事


PAGE TOP ↑